ニッポントリセツ

ニッポントリセツは、労働、留学、観光で海外から訪れる
みなさまを受け入れる日本の自治体や企業様、小売店様、
飲食店様、宿泊施設様への製品やサービスを提供します。

訪日外国人3000万人突破!
観光業人手不足。地方への拡散

2019 年4 月から5年間で
外国人労働者受入れ上限34万人!

2018/12/19 現在

いまや、待ったなし!

外国人労働者が働く職場、在留外国人が生活する町、観光地にある宿泊施設、飲食店、観光施設など、海外から訪れるみなさまを受け入れている現場のお困りごとを解決するために、さまざまなシーンでのご利用を目的とした多言語対応の製品・サービスを提供します。

日本の生活で必要なことをもっと知ってもらうため・もっと快適に過ごしてもらうため・そしてもっと楽しんでもらうため「ニッポントリセツ」は、トリセツで「もっと伝えたい」を支援します。

「ニッポントリセツ」は、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語、その他約40言語に対応できます。外国人の受け入れや外国語の表示をご希望のみなさまのご連絡をお待ちしております。

ご提供コンテンツの一例はこちら

ポスターやステッカーなどの紙素材から
WEB サイトやアプリまで提供いたします!

»三つ折りパンフレットのダウンロード

ニッポンでの
職場を支援

日本へ労働目的で入国される諸外国のみなさまが、快適に働くことのできる職場環境の充実を支援します。

外国人労働者受入法案の成立にともない、さまざまな業種で職場に外国人労働者が増えてきています。そんな折りに、現場で担当者がコミュニケーションを図りつつ、仕事を説明するのはかなり困難だと思います。

外国人労働者を受入れるということは、新入社員教育するように、社会人としての知識やマナーを説明する機会が必要です。
日本社会での働き方を、オフィスや工場、各種施設など、いろいろなシーンで支援しなければなりません。単に言葉やコミュニケーションだけが壁ではないのです。

お互いのコミュニケーションを図りつつ、職場の快適な環境づくりをお手伝いしたいと考えます。

働く人支援のPC前の写真

» 詳細はこちら

ニッポンでの
生活を支援

長期滞在となると日本での生活が日常となります。短期の旅行とは違った戸惑いや不安を抱えられると思います。

幼少の頃から日本で生活していれば経験していたように思うことでも、初めて日本で生活する方にとっては、未経験な場面が多々あります。
日本人の目線では気づかない問題も、日本で生活する在留外国人には潜在的な悩みのようです。

また、病気やケガの時の対応、地震や火災、緊急時の避難経路など、日本人が見知らぬ土地へ引っ越した時と同じように、
日常の生活支援だけではなく、緊急時などを想定した支援が必要となり、本人やその家族、周りの人たちの情報共有は不可欠です。
社会生活を補い、少しでも不安や問題を払拭する支援を提供したいと考えます。

生活を支援のお風呂のポスターの写真

» 詳細はこちら

ニッポンの
決まり事

日本には「法律」ではなくても、「しきたり」や「あたりまえ」が存在します。
他国では問題にならないことも、ニッポンでは守ってほしい「決まり事」や「常識」はございませんか?

言いづらい、その場の雰囲気を壊したくない、毎回注意してもきりがない、話しかけるのが怖いなどの理由で、外国人の方々へ注意を避ける傾向におちいり、悪循環となっていませんか?

まずは、「知ってもらうことで解決する」こともあるはずです。そこで「ニッポンの決まり事」をお伝えするツールをご用意しました。

店舗や施設特有のルールはもちろん。お客様に伝えたいことを相手にわかるようにお伝えすることで、少しでもトラブル回避を支援することができたらと考えています。

決まり事の履き物ステッカーの写真

» 詳細はこちら

ニッポンの
お作法

日本には決まり事ではないのですが、礼儀だったり、敬ったり、縁起を担いだり、心地よく過ごすための工夫があります。
文化の違いで、作法やマナーにも違いもありますが、「郷に入れば郷に従え」です。
日本での作法をご紹介し、日本に滞在中は、日本の作法に従って行動してもらうツールをご用意しました。

外国人だから知らなくても良いと言うわけではありません。知ることで、きっとより楽しく過ごせるはずです。
イラストや動画など、言葉を使い、表現を工夫してお伝えしてみませんか?
場合によっては、そっと目につくところへ忍ばせてみたり、手腕はいろいろです。
「知る人ぞ知る」を体験して頂き、ちょっとしたうんちくで優越感を刺激できたら、SNS投稿のキッカケとなり、さらにおもしろくなると思います。

お作法の魚の食べ方の写真

» 詳細はこちら

ニッポンの
おもてなし

日本を訪れる外国からの旅行者のみなさまに、観光地の紹介や商品の説明を、母国語でいたします。

通訳や翻訳を介することなく、コミュニケーションを取ることができれば一番なのですが、なかなか”言語”の壁は大きいものです。
見て、食べて、泊まって、買い物するといった、旅の楽しみを"O.MO.TE.NA.SHI"しませんか?

話せなくても、高価で便利なツールが無くても、予算に応じた「安価な仕掛け」を提案します。
時には、控えめに。時には、PRをしながら。
アナログもデジタルも適材適所に用いることで、いろいろな場面でご活用頂けるためのツールを用意しています。

おもてなしのどれこれ会話飲食店の写真

» 詳細はこちら

ニッポンの
楽しみ方

折角のニッポンですから、知識欲を満足させる文化・コンテンツをご紹介してはいかがでしょうか。
観光やビジネス視察など日本を訪れた外国人へ有形・無形の文化財をご紹介したり、
ニッポンを好きになってもらい、リピーターを増やしていく仕掛けをしたり、そんなツールとしてお使いください。

楽しみ方のスマホアプリの写真

» 詳細はこちら